読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagao’s blog

日記と雑記、読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

仕事が認められる喜び

朝から素敵なニュースです。

おじいちゃんが作ったノートがツイッターで広まり売れ行きを伸ばしている。
http://hl.auone.jp/article/detail?genreid=1&subgenreid=3&articleid=KTT201601050335&rf=passtop_%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

小さな町の小さな会社。
おじいちゃん二人が試行錯誤を繰り返し、特許を取得。

開いておいても閉じない方眼ノート。

孫娘が、ツイッターで紹介したところ、様々な人の協力により広まり、注文が殺到。

おそらく、ネットが無ければ埋もれてしまった宝物。

そして、孫娘の心のこもった最初の一言が無ければあり得なかった奇跡。

おじいちゃん二人の、ひたむきな熱意によって作り出されたものが、探していた人たちの元に届く。

作った人も、広めた人たちも、買いたいと声をあげた人たちも、みなさんいい仕事をされています!


一言で仕事と言いますが。仕事とは言い替えれば人生そのものです。

誰もが、生きている間に「何か」をする。

「何を」するのか。

極端な話、私は、ねたきりの人が食事をすることにも、大きな意味があると思っています。

その人が食べる食事、それを作るために、多くの人が、材料、運搬、調理器具の製造、販売、数え上げたらきりがないほど、多くの人々の仕事によって支えられ、またその人たちの生活の糧となっている事実。

気づいていませんが、支えられ、支えているんです。

1日でも生きるということは、世界とつながっていて、支え、支えられているということだと思うのです。

誰一人いらない人なんていない!
みんな、大切な一人です。

更に、より一層良いものを作ろう、より良い仕事をしようと思うのは、素晴らしい人生を歩もうとしていることになると思います。

おじいちゃん二人の仕事は、多くの人にノートを使う快適な時間を提供してくれました。

人生の大半を仕事に費やす男性は特に、自身のやり遂げた仕事を認められる事を誇りとします。

それは、その人の人生そのものを認められる事だからです。

今後も、人知れず努力する方々の成果が、ネットによって広められることを願ってやみません。

素晴らしい、心温まるニュースでした。