モンテ・クリスト伯 読書メモ4

言葉と言う凶器

f:id:kazbot:20180422023254j:plain
ダングラールが偽の告訴状を書く横でカドルッスが言う言葉。

「剣やピストルなんかより、一本のペン、一つのインキ、一枚の紙のほうが、よっぽど恐ろしいとおれはいつも思っていた。」

(アレクサンドル・デュマ作、山内義雄訳、モンテ・クリスト伯一)


剣で切りつければ、その罪は明白だ。
しかし、ペン(言葉)によって犯された罪は分かりにくく、悪質である。

その上、その被害も甚大となり、人生そのものを損なう。

剣やピストルの傷は癒えるが、心の傷や社会的損失は癒える事は無い。

ペンには恐るべき力がある。



ダングラールはこのペンの力を利用し、誰にも気づかれずにダンテスを死地に追いやり、自分は正当な段取りを気取って目的の地位に座った。


現代にもダングラールは沢山いる。

自分にとって邪魔な存在をネットの書き込みや、直接的な言葉によって傷つけ死にまで追いやる人間達だ。

しかも、証拠が残りにくく罪を追及されないことが多い。
つまり、ダンテスと同じ境遇の人間がどれほどいるか計り知れないという事だ。


デュマの警告は当たっている。



かつて新聞記者がペンによって独裁政治と戦う時代があった。
圧政とラジオで戦う人々もいた。
人々を奮い立たせ、勇気を与える役割を担った。

ペンは、正義の言葉は人間にとって崇高な武器だった。


しかし、現代は人を傷つけるために言葉を利用する人間が多すぎる。


ペン(言葉)は、それを操る者の心によって、
良くも悪くも計り知れない力を持つ。

人の生死を左右する力がある。
社会を動かす力がある。

本来人間は叡智の結晶として、人を「生かす為に」言葉を使うべきなのだ。

冒頭のカドルッスのセリフには、
作家として生きたデュマの万感が込められている。



2018.04.30改


次へ( 読書メモ5)
asagao.hatenadiary.jp


前へ(読書メモ3)
asagao.hatenadiary.jp