asagao’s blog

asagaoの観察日記。

モンテ・クリスト伯 読書メモ4

今日は少し話は戻り、ダングラールが偽の告訴状を書く横でカドルッスが言う言葉。

「剣やピストルなんかより、一本のペン、一つのインキ、一枚の紙のほうが、よっぽど恐ろしいとおれはいつも思っていた。」(アレクサンドル・デュマ作、山内義雄訳、モンテ・クリスト伯一)


剣は誰の目にも明らかな悪意であり、剣で切りつければ、その罪も明らかだ。
しかし、ペンによって犯された罪は分かりにくい。

現にダングラールはその点を利用し、誰にも気づかれずに、ダンテスを死地に追いやり、自分は正当な段取りを気取って目的の地位に座る。

現代も同じく、ネットの書き込みや、直接的に放つ言葉によって人を傷つけ、死にまで追いやる人間がいる。(しかも、証拠が残りにくく、罪を追及されないことが多い。)


ペンは、つまり言葉は、剣よりも恐ろしい武器なのだ。

ペンで殺されたものは、命だけでなく、社会的にも抹殺されてしまう。
剣は物質を断つだけだが、ペンは精神も断つ。

最も卑怯で、残酷な武器だ。



一方、かつて新聞記者がペンによって独裁政治と戦う時代があった。
圧政と、ラジオで戦う人々もいた。
多くの人々を奮い立たせ、勇気を与える役割を担った。


ペンはそれを握る者の心によって、
良くも悪くも計り知れない力を持つ。


このカドルッスのセリフは、
作家として生きたデュマの言葉そのものだ。

広告を非表示にする