モンテ・クリスト伯 読書メモ5

f:id:kazbot:20180430223205j:plain


ダンテスを逮捕する為に来た警察官についての記述。

「警察官、それはもはや人間ではないのだ。冷たい、耳もきこえず口もきかない法律の土偶にほかならないから」(アレクサンドル・デュマ作、山内義雄訳、モンテ・クリスト伯一)

これは、権力の名の元に行動する人間の特性を表している。


権力の名のもとにあれば、人は何でも出来る。


自分の行動は権力の命令であり、自分に責任は無いという人格の喪失。


罪の意識の消失が招くものは残虐性。


個人は権力の一部となる

 

個人として持っていた優しさや善悪にたいする概念は、何故消えてしまうのか。


人間的な思考力がどこかへと追いやられてしまうのは何故か。


そこに、人間の闇がある。


それは、人間の本質だからだ。



人間は善も悪も併せ持つ。


その悪の面の最たるものが残虐性だ。




権力とは何か。


権力によって、欲望の制約が外されると、人は暴走し残虐になる。


権力は人間の悪意を増大させる、きっかけに過ぎない。


人間は誰もが心に闇を持っている。


権力の魔性に打ち勝つ精神力を持つものは、その心の闇を打ち破れるものだ。


自分の存在を、善に見いだすのか、

それとも、悪の誘惑に負け堕落するのか。

 

自分の存在を善に見いだすものだけが、権力の魔性に打ち勝ち、権力を精神の支配下に置くことができる。




デュマは「権力の土偶」と呼んだ。

 

ほぼ、権力を握った物は土偶となる。

自らの意思で人間性を失わずに、権力を行使できる者は、まれである。

よほどの精神力、揺るがぬ信念がなければ、権力という甘美な囁きには打ち勝つことは出来ないだろう。



それほど権力は人間にとって魅力的な物なのだ


生きる意味を知るものだけが、その誘惑に勝つことができる。


善き人の道を知るものだけが、勝てるのだ。