読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagao’s blog

日記と雑記、読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

モンテ・クリスト伯 読書メモ12

ファリア司祭。
老いたる知者。
知性の閃き。

獄丁は彼を、「きちがい」だと嘲る。

いくぶん人の良さそうな検察官は、視察の際その話を鵜呑みにし、ファリア司祭を見て確かに「きちがい」だと思い込む。


先入観とは恐ろしいものだ。
他者の評価を下げる先入観を植え付ける人間は最低だ。


獄丁から先入観を植え付けられずに、最初から彼の話に耳を傾けていれば、この検察官の人生も変わっていたはずだ。

噂や他人の評価は、当てにはならない。

真実は自分の目で見、自分の耳で聞き、状況を鑑み た上で、慎重に導きだされなければならない。

あの人がこう言っていたから、こうだろう。

あの人がこう言っていたから、やっぱりそうなのだ。

そのような安易な判断では、人生を誤ってしまう。

第一、信頼に足る発言をする人間が、いったいどれほどいると言うのか。

自分にとって都合のいい解釈をする者ばかりではないだろうか。

周りを見回せば、誰もが、

「自分が最も優れている。自分以外の人間はバカばかりだ。」

そう思ってはいないか。


「どうして、あんなことをするのか理解できない。」

そう言って他人を嘲る者が大半だ。


獄丁と検察官は視察に満足し、確かに「きちがい」だと認めると、その場を去って行った。
これが、目に映る事実。

しかし、実際は、真実を見抜く事の出来ない愚かな二人が、愚かしい満足のもと、視察を終えたに過ぎない。これが、目には見えない真実だった。

ファリア司祭の、巨万の富は事実であり、
ダンテスの無実も事実だった。



ダンテスとファリア司祭。

この、シャトー・ディフに囚われ、死者として生きる。

彼らはお互い近くにいながらも、まだ出会うことはない。

まだ、越えねばならない試練があるからだ。