読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagao’s blog

日記と雑記、読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

組体操 誰に見せる為なのか?

組体操による事故。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/katoyoriko/20160224-00054537/


未来ある大切な子供達。
怪我をさせてはいけない。

未来を担う大切な体。
傷をつける訳にはいかない。

大切な教え子たち。
慈しみ育てなければ。

そういう教師が1人でもいたならば、
叫ぶだろう。

いや、私は声を大にして叫ぶ。

大切な子供達を危険にさらすことには、
断固反対する。
組体操は必要ない。

いかなる対策も無意味だ。
安全の条件は、そもそも議論する意味はない。

組体操自体、禁止すべきだ。

いったい、誰に見せる為なのか。

両親が冷たい汗を流しながら見守るなかで、
生徒を危険にさらすなど拷問に等しい。

怪我をした生徒の気持ち。
私はこの記事を読んで、激しい憤りを感じた。
彼の言葉は正しい。
事故は無くさなければならない。

小学生が人に押し潰され、腕を砕かれる事故!!

これが、いかに恐ろしい事故か!

どれほどの恐怖と苦痛だったか。

いたましい。

本当に、もうあってはならない。
彼の言葉通り、国として組体操は禁止として頂きたい。

体を鍛えるのは、国や学校の強制ではなく、個人の自由で良い。

学生は見せ物ではない。

運動会でサーカスのような奇抜なことはさせなくて良い。

複雑な議論などいらない。


学生の組体操を見たい人がいるのか?

おそらく、いないだろう。

誰のため? 何のため?


理由はわかっている。


「昔からやっている」からだ。


「みんなやっている」からだ。


それが、日本人の理由だ。

世界から揶揄される、これが日本人の思考だ。


自分の頭で、それが必要か必要でないか判断するべきなのだ。


だから、私はここに宣言する。


組体操は、必要ない!