読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagao’s blog

ほぼ日記と雑記。読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

ベイビーサインで赤ちゃんと話せるらしい。

知ってたら便利な事

以前テレビで「ベイビーサイン」というものを見ました。

ジェスチャーで赤ちゃんとコミュニケーションを取る方法です。
ベイビーサイン
http://moomii.jp/baby/babysign-howto.html


夜中に泣き出した赤ちゃん。
電気をつけて見てみると、赤ちゃんはベイビーサインで、喉が乾いたというジェスチャーを繰り返していた。
そんな風に紹介されていました。

言葉では言えなくても、どうして欲しいのか伝える事が出来たら、赤ちゃんは泣かずに済みます。

眠い、お腹すいた、喉が乾いた、などがすぐ分かったら、ママはすごく助かりますよね。


私はかなり小さい頃、おそらく1歳とか2歳くらいの時の記憶が(断片的に)あるのですが、子供は大人が思っている以上に、まわりの事が分かっています。


「これからこの大きな建物に入るから泣かないでね。」と母親に言われ、
(泣きたくなっちゃったらどうしよう。我慢しなくちゃ。大丈夫かなぁ。ここはどこだろう。)

そう思いながら、母の背中で高い大きな建物の天井を見上げていた記憶があります。


母の知人のおじさんが抱っこしてくれるといって、私を抱いた時は、恐くて(やだー!!)と泣いたり。

母親を笑わせたくて、背中の私を振り返ったとき、思い切り身を乗り出して母の顔を覗きこんでみせたり。


それから、お母さんがいないと泣き続けていたら、お婆ちゃんが困ってわざと隠れた時があって、その時私は、お婆ちゃんまでいなくなったら大変だと思って「ばぁ!ばぁ!」と必死に呼んで、泣くのをやめたんです。


そんな記憶が有るので、ベイビーサインは画期的な方法だと思いました。

赤ちゃんはこうして欲しいとか、これは嫌だとか分かっています。

でも、それを言葉に出来ないので、泣くしかないんですね。


手をグーパーするだけで、おっぱいが欲しい、コップを使う仕草で、喉が乾いたと伝えられたら、それは素晴らしいことですよね。


だから、小さいお子さんをお持ちの方は、ほんのいくつかのジェスチャーだけでも、覚えておくと便利だと思います。

わかる!話せる!らくらくベビーサイン [ベビーサイン公式キット]

わかる!話せる!らくらくベビーサイン [ベビーサイン公式キット]

広告を非表示にする