読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

asagao’s blog

日記と雑記、読書メモは個人的感想でネタバレ含みます。

原発は危険だから都心には作らなかった。

非常に腹立たしいニュースです。
高校生に汚染された道路の清掃をさせるイベントの開催がありました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00010000-kinyobi-soci


計測した数値を公表せずに「安全だ」という主催者。
記者がその場で計測した数値を見せても、そんなもの(安物の測定器)はあてにならないと言う。

安全ならば、主催者側の測定値を公表するはずです。
それで済むことです。
しかし、それはできないと言う。
逃げていると感じました。

記者の見せた数値は明らかに危険な数値でした。
通常0.05程度が、0.3です。

2011年に原発は爆発しました。
それは事実です。

原発の燃料は近づけば人が死ぬほどの放射線を出す物質です。
これも事実です。

この燃料が降り注いだ地域の清掃。
しかも道路です。
いまもひっきりなしにトラックが汚染の酷い場所から遠方へ放射線物質を撒き散らしながら走っている場所です。
そこが安全な訳がない。

ごみを草むらから引き出す時に舞い上がる危険なホコリをマスクもせずに吸い込む高校生たち。

こんなことをさせる必要がどこにありますか?

町をキレイにしたいなら、主催者がその熱意で一人でやればいいと思います。

それならば、私は喝采します。

しかし、人にやらせている。
そこが間違っています。

未来ある学生の健康は、何がなんでも守るべきです。

両親にとってかけがえのない、たったひとつの命です。

その命を借り受けて、何をさせるのか。

環境美化、奉仕、風評被害の撲滅という大義名分で清掃を高校生に行わせて、得をするのは誰か。

この、清掃が一体「何のため」なのか。

私はこのイベントに反対します。

来年は決して子供達の手で行われない事を切望します。