asagao’s blog

asagaoの観察日記。

「マックスむらい」って誰?と思ったら凄腕ビジネスマンだった。

「マックスむらい」の名前は何処かで聞いたことがあるけど、YouTubeは見たことは無かったです。

何か事件があったらしいけど、それも知らない。

今回ヒカルと対談。


youtu.be


むちゃくちゃ面白い。

ビジネスの話をする二人。

率直で分かりやすい会話。

麻雀これからヒットしそう。

むらいさんのビジネスの隙間を見つける視点。

ヒカルの役割を心得た申し出。

ヒカルは本当に自分をビジネスの駒として何処に置くかを分かっている。

しかも、他の駒を生かす最善の策を見つける天才。


その根源は、全てを失った過去。

今のむらいさんの気持ちが、すごく分かるんだと思う。

人からの称賛、巨万の富。

そんな物は、幻のようなもの。

「自分の賞味期限はいつまでか分からないですから。」と事も無げに言うヒカル。


だから、今あるお金も未練なく使う。

今使わずにいつ使うのかと言わんばかりに。

横領した部下が悪いのに、「みんなから集めたお金をみんなの為に使えなかったのは自分の責任だ 。」というむらいさん。


そんな重荷をしっかり担いでいるむらいさん、スゴい。

普通なら、

「自分の責任じゃない。部下の不正だ。」の一言で逃げる。


逃げようと思えば逃げられる。


でも、それをしないで、しっかり担いで足が地面にめり込んでも放さない。

むらいさんのその責任感。


「信用できる。」


この人は一流のビジネスマンだ。


ヒカルはそれを、わずか40分の対談で完璧に証明した。


これは、これから面白い事になる。

こういう、真面目に仕事して来た人が報われる話、大好きだ。

ヒカルは水戸黄門か。

試練は人を磨く。

磨かれてヒカル。

輝く光が、みんなを照らす。


それって「生きる」ってことじゃないか。


自分のできる事、自分の役割を知る。

そして、行動する。


むらいさんや、ヒカルみたいに、

自分の仕事に打ち込む。

みんなが笑顔になる。

苦難も成功も、ぜんぶひっくるめて、
人生を楽しむ事が、生きることの意味だと思う。


楽しむために生まれてきた。

私たちは、喜びも悲しみも全部。

体験する為に生まれた来たんだと思う。

広告を非表示にする