人は皆、違う世界を見ている。

認識する世界。


f:id:kazbot:20170827192355j:plain


私のblogは私が見ている世界。


人は皆、自分の目で見、耳で聞き、肌で感じる世界に生きている。

同じ場所に存在する2人が、同じように世界を感じているとは限らない。

同じ物を見ても、同じ感想を持つとは限らない。

価値観の相違は離婚の最大理由だ。

価値観の違う二人は異世界に住んでいるのと同じで、理解し合う事が非常に難しい。

その上、何かにつけて苦痛を感じる。

相手を異物と認識するからだ。

両者に違いを尊重しあうという価値観が、いくらか存在すれば問題は解決するが、多くの場合は受け入れ難いと感じ、争いが生じる。


逆に、感じる世界が近いほど相手に親近感を抱く。

感じる世界が近いほど、優れていると認識する。

それが、人間だ。


例えば、同じ部屋にいる3人。


1人は暑いと感じる。

1人は寒いと感じる。

1人は快適と感じる。


感じる。認識する。

それに対して行動を起こす。

又は、耐える。

または、何もしない。


1人は、苦痛。

1人は、まあまあ耐えられる。

1人は、このままであって欲しい。


同じ部屋にいる。

毎日その状態が続くとする。


1人は地獄だと感じる。

1人は何かすると忘れる程度の不満。

1人はあたりまえの日々。


同じ部屋。同じ室温。


認識する。感じる。


そこは、同じ部屋だ。



例えば、借金1000万。

1人は絶望する。

1人はもがく。

1人は奮起する。


数日後。
1人は自殺を選ぼうとする。

1人は策を求め、さまよう。

1人は返済へと行動を開始する。


同じ借金であっても、1人は死を、1人は遅々とした解決案を選び、1人は逆境を転機にかえ成功者となる。


同じ状況で1人は絶望を見た。

1人は先の分からない道を見た。

1人は成功が見えた。


人の数だけ、世界は存在する。

そして、それは本人にとって、たった1つの世界。

本人にとっては、それが真実。

本人には、それ以外存在しないと認識される世界。


天国や地獄は、空の上にあるのでも、地下にあるのでも無い。


認識する私たちの心にある。


心が地獄と感じるか、天国と感じるか、その差でしかない。


同じ条件で、笑う者、泣く者、なんとも思わない者がいる。



人を愛することも同じだ。

100人見ても何とも思わないのに、たった1人が愛しい。

それは、その本人にとっての真実だ。

その本人にとって至高の人。

世界にたった1人の運命の人。

そう感じる。認識する。


人々は自らの目に写る世界に生きている。

日の光を感じ、風を感じ、雨を感じる。


出来ることなら、幸せを感じたいと望みながら。


空も大地も美しい。

全てがクリアに見渡せる。

何もかもが輝きに満ち、乗り越えられない困難などなく、自分には不可能は無い。


そんな人生を望んでいる。


いや望むべきだ。


その為には何が必要か。


たゆまなき向上の道だ。

目を、耳を、肌を、知能を、経験を、認識を研ぎ澄まし、

「力」を得ること。


どのような困難にも屈せぬ精神力。

そして、その精神力を支えるもの。

それが「希望」。


全ては、そこから始まる。


力さえ蓄えて置けば、自分を苦しめる苦悩に打ち勝つ事ができる。

情報収集能力、技術、資格、体力、精神力、力は何でもいい。


そして、希望という輝きがあれば、絶望の闇を消せるだろう。



ああ。そうだ。

それから、もうひとつ大切な事。


他人の生きる世界に上手く写り込もうとしなくていいんだ。

生きている世界が違うのだから。


他人の感じる世界で自分がどう見えているかは、異世界の事だから気にしなくていい。

自分の世界では、自分が主人公だ。

自分が生きたいと望む生き方を選ぶべきだ。

そうしないと、死ぬときに後悔する。



私は、私の望むように生きる。

これが、私の目に映る世界。