asagao’s blog

asagaoの観察日記。

40代でプログラマーになる。って実際どうなの?

ASUS 2in1パソコン T101HA/10.1型【日本正規代理店品】Atom x5-Z8350 /限定モデルは標準 4Gメモリ/ eMMC64GB/グレー/T101HA-GR029T

40代でプログラマーになるって実際どうなの?

と、思いまして調べてみました。


現場では40代になると管理職になってしまうので、プログラマーは35が定年みたいな事が言われているらしいですね。

確かに大企業だと、そうなりますよね。

でも、中小企業だと続ける人もいるそうです。
それに、やっぱり経験のある人がプログラムを書くと、素晴らしいプログラムが出来るそうです。

それって、カッコいいですよね!


個人的に、これからプログラムを覚えて、会社に就職はかなり難しいと考えていたのですが、そうでもないようです。


プログラムと言ってもピンからキリまで。

例えば、ランサーズで個人で仕事を受注するとか、応募するとかも出来る。

ジャンルによっては、隙間産業が成り立つ。

とにかく、プログラマーが足りない。

これから、もっと足りなくなる。


おそらく学校の義務教育に取り入れるようになる。

その子供達が社会に出るまでの数年間はずっと人手不足。


しかも、プログラミング言語によっては、簡単に身に付くものもある。


やって損無しですよね。

私が気づいた身近な仕事は、Webプログラマー。


近場の飲食店のホームページを見てみると、惨憺たるものです。

田舎だからかもしれませんが、10年前の見た目のホームページや、スマホ対応していないお店もあるんです。


こういったお店が、これから全てスマホや新端末に対応していくとしたら、全国に仕事がある訳ですよね。

新店舗が出来るたびに仕事が発生する。

プログラマーが足りない。

副業プログラマー大歓迎ですよね。

ランサーズでも、プログラムを学ぶことを勧めていて、特にPHP(プログラミング言語)が1番案件があると紹介しています。


ちょっと調べただけでも、40代でプログラマーを目指すことは決して無謀ではないと分かりました。

むしろ、プログラマーしかないとまで思えます。

実力と経験が備われば、実戦力を求めている企業が、必要なプロジェクトに採用するケースさえある。

会社員として働きたいならその需要を探し当てることも紹介エージェントを通して可能。


さらには、アメリカやカナダではフリーランスという働き方がかなり普及している。(50%近い)

なにも就職にこだわる必要はもう無いんですね。


技術さえ身につけていれば、いつでも、どこでも、働ける。

働く時間も自分で決められる。



夢のような話ですよね。


何をプログラムするのか、その方向性を探りながら、勉強を進めたいと思います。