茶だんご亭🍡

徒然ブログ

タヌキとアライグマが来ました。

タヌキとアライグマ。

ほんとに来たんです。

いや、タヌキはまだ分かります。

問題はアライグマなんです。

2度見しました。私も。

あれー。タヌキ~。。。じゃない!?

あれはまだ冬の寒い時。

山の冬はとても厳しく食べ物といえば、枯れ枝に残る秋の柿くらい。

よく雪の上にタヌキのフンが落ちているのですが、柿の種が沢山入っています。

今年もタヌキが人家の近くまで餌がなくて来ていました。

最近は病気のタヌキも多く、頭としっぽにしか毛がない裸のタヌキもよく見かけます。

ガリガリに痩せて毛が抜けてしまったタヌキ。

ホントは野生動物に餌をあげてはいけないのですが、病気のタヌキは恐らく冬を越せません。お腹を空かせたまま死んでしまうのは可哀想なので、何度か餌をあげていました。

そんなある日、ぐるるるるーー!がうっ!という声に驚いて餌場をみると、フサフサのタヌキが弱々しいタヌキに喧嘩を売っています。驚いて様子を見に行きました。

こらっ!喧嘩するんじゃありません!って、

え!?お前だれ!?

振り返ったキュートなまなざし。

f:id:kazbot:20200925231605j:plain

なんかちがう。

しっぽも違う。似てるけど違う。

え?おまえ?タヌキ。。じゃない!?

アライグマじゃない!??

え?アライグマよね?

なんでいるの!?

ここアメリカ!?

えええ!?

即部屋に戻り検索。

アライグマ危険!!

危険!!

困った!こまったーー!!



誰だ!!こんなところに捨てたのは!!

捨てアライグマなんて危険すぎるでしょ!

狂暴だし、病気持ってるし。

どうしよう。役場に連絡した方がいいのかな。でも、捕獲されたら処分されるのかな。処分か。。。

その後も、夜に餌を食べに来ている様子で、今後について悩んでいると、いつの間にか来なくなりました。

移動したのか、捕獲されたのかは分かりません。

ただ、確かにあれはアライグマでした。

日本にいない動物を捨てる人がいるので、田舎も油断出来なくなりました。