呪術廻戦 2巻感想

呪術廻戦 2巻感想

宿儺・五条無敵回がメインですね。
伏黒・漏瑚がまた良いキャラクターで、ストーリーに厚みが出て好きです。

呪術廻戦 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

宿儺の魅力

死後、特級呪物になってしまった呪術師。
呪術師ということは、人間ですよね。
腕が4本あるという。。
それだけでも、謎多き人物ですが。

しかし、2巻までの流れで、単に残虐なだけではない知性を感じさせるキャラクターであると分かりました。

伏黒に気づきを与えたりしてますね。

絶対的な強さという余裕からか、感情任せではなく、より価値的な選択をするために考える癖があるのが面白いです。

周りは汗ダラダラで必死なのに、宿儺本人は「どっちにしようかなー」みたいな。

そのペースを若干乱す虎杖との会話。

伏黒は何故か、宿儺のお気に入りになりましたね。

虎杖への「おまえはつまらない」発言には、暗に「伏黒は面白いのに」が含まれているようで、ちょっと今後に期待です。


伏黒の価値観

絶対勝ち目のない宿儺との戦いに臨んでの伏黒の独白。
世の中の不条理に抗う信念には共感。

伏黒は不確かな世界に、自身の善悪の基準を定め、命がけで宿儺に対峙。

その結果、宿儺に興味を持たれて危機を脱しましたが、虎杖は倒れ、伏黒は天を仰ぐ。

うーーん!辛い!!

しかし、このシーンによって伏黒の覚悟が定まったのは確かです。



漏瑚のキャラクター

珍しいですよね。
敵キャラとしては、妙にプライドが高い。
ただ、この漏瑚の存在はかなり作品に面白さを加えています。
存在に対する執着を持ったキャラが、なんとも重さを持っていていいですね。

呪いという人間の感情が人格を持ったら、確かに純粋な嘘偽りの無い存在だと主張しそうですし。

漏瑚が個人的な利害よりも呪いの地位向上、人間の打倒に生きがいを見出している事が、なんだか妙に人間っぽくて、人間とはなんぞや?と思ってしまいます。


無敵の五条

そんな漏瑚を軽くあしらう無敵の五条。
イケメン素顔での領域展開で、無敵タイム突入。

無敵なので、お花畑で和む余裕あり。
でも、五条に油断させる花御はすごいかも。


五条の良い所は、その無敵さが組織改革には無力だと熟知している点。

腐った組織を根底から変えるには教育しかない。

例え時間が掛かっても人を育て、人を変えるしか組織を変える方法は無いという気づき。

いやこれビジネス書!?ナニコレ自己啓発書!?

力こそ全てな少年漫画に新風を吹き込む五条。

五条はアレコレ言われてますが、本当は、本当は生徒思いな。。。

いや、無茶もしてますけどね。

そこが面白いんですね。

まとめ。

虎杖復活で、めでたし。

虎杖はかわいい。

虎杖と宿儺の交渉成立直後の一撃、早かったですねー。
宿儺のいらだちMAXだったのが分かりますね。