asagao’s blog

生きる力を。。。

デビルズラインが純愛の件について。


ホラーなのか、サスペンスなのか、グロいアクション系なのかと思って読んでみたら、



純愛だった。。。



少女漫画顔負けの、キュンキュンの純愛だった。。。


上記要素全て盛り込んで最後のトッピングが純愛という、超豪華海鮮丼みたいな漫画です。

おんもしろーい。


吸血鬼物って大体、哀愁とか悲恋とかのイメージなんですけどね。

何故かハードなアクションの後、コタツでくつろぐ二人。


そして、純愛。。。


そして、エロい。



エロい純愛って。。。

新境地ですね。。



ちなみに私は、菊原が一番好きです。

最初から顔が好みで気になってたんですけど、

あの電車のシーンが決め手でした!!


あのセリフ、あのワイシャツ姿が最高です。


アニメでは声が桜井さんなんですよね!


公式のサンプルを聞いたら、まじ菊原でした。まじ菊原。


あと、マモさん環も楽しみだし、石田さぁぁぁぁぁあんも楽しみです。


声優さん豪華。。。


アニメは漫画とは別物として割りきって見る方なので、不満は特に無いです。


何が違うのかを見つける感じで見てます。


このシーンは静止画で視聴者の視線が右から左に動く方がいいなぁとか、安斎の浮遊感とかスピード感がリアルだなぁとか。


どっちも楽しめていいですよね。


花田さんはTwitterでアニメにツッコミ入れてくれるのでそれも面白いですよ~。


見つけるの難しいですけど、tosツイとかも先日チラ見して、テンション上がっちゃいました。



それから、花田さん字ネームnoteにあげてます!必見!
Twitterにお知らせ出てました。



凄い時代になりましたねー。
作者さんを直接支援できたり、こんな風にネームが読めたりするなんて。


今後は出版社が減って、個人が版元を介さず作品が販売されるようになるかもですね。

出版社は作家のマネジメントがメインになるかも。


まあ、それは置いておいて、アニメ毎週楽しみにしています。

デビルズライン(1) (モーニングコミックス)

デビルズライン(1) (モーニングコミックス)