茶だんご亭🍡

田舎暮らしの動物日記。

古い照明器具を交換しました。

古い照明器具の交換

築60年の家の照明が壊れたので、交換する事にしました。

吊るすタイプの照明器具を、電源ソケットを外して撤去したところ、天井にはこちらのようなソケットが残りました。

f:id:kazbot:20200805170018j:plain

現在使われているソケットより古い形のようで、このままではシーリングライトは付けられないそうです。(むき出しのネジが邪魔をして付けられない。)

アダプタで対応できます。

実はここに下記アダプタを付けると、シーリングライトや、吊るすタイプのペンダントライトなどが付けられます。

ソケットのサイズを確認して下さい。
店頭には、こちらと一回り大きいサイズを販売していました。
また、合わないものを取り付けると、ソケットの破損、火災、ショートなどかなりの危険を伴いますので、十分確認して下さい。
少しでも不安な場合は、迷わず電気工事の専門家にご相談下さい。

変色、劣化、ペンダントライトの重さに耐えられない場合も、ソケットの交換工事が必要とのことです。

ソケットが平面に無い

今回の自宅ソケットは天井の平面ではなく、柱のような部位にあるので、平面のシーリングライトはぐらぐらしてしまい補強が必要になります。
補強は面倒だったので、ペンダントライトをつけました。

ペンダントライトは、本当にソケットにカチッと取り付けるだけなので簡単です。

参考サイト

詳しい内容はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
blog.outdoor-coffee.com
工事が必要なのかと思って本当に困っていたので助かりました。

古い家の情報はネットに中々上位表示されないので、このような内容のブログは本当に有難いです。


今回自宅は、こちらのアダプタで問題なく取り付けが出来ました。
同様の古いソケットをご利用の方の参考になれば幸いです。